手にとるように財政のことがわかる本 税金はどう使われているのか? 気質アップ かんき出版 afb 浅羽隆史 中古 手にとるように財政のことがわかる本 税金はどう使われているのか? 気質アップ かんき出版 afb 浅羽隆史 中古 www.fabicorp.com,【中古】afb,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経済・財政 , 財政,115円,/forty8754958.html,/,かんき出版,税金はどう使われているのか?,手にとるように財政のことがわかる本,浅羽隆史 www.fabicorp.com,【中古】afb,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経済・財政 , 財政,115円,/forty8754958.html,/,かんき出版,税金はどう使われているのか?,手にとるように財政のことがわかる本,浅羽隆史 115円 手にとるように財政のことがわかる本 税金はどう使われているのか? かんき出版 浅羽隆史 / 【中古】afb 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経済・財政 財政 115円 手にとるように財政のことがわかる本 税金はどう使われているのか? かんき出版 浅羽隆史 / 【中古】afb 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経済・財政 財政

手にとるように財政のことがわかる本 税金はどう使われているのか? 気質アップ かんき出版 年間定番 afb 浅羽隆史 中古

手にとるように財政のことがわかる本 税金はどう使われているのか? かんき出版 浅羽隆史 / 【中古】afb

115円

手にとるように財政のことがわかる本 税金はどう使われているのか? かんき出版 浅羽隆史 / 【中古】afb



商品状態:カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。

コンディションランク:B

著者/出演 浅羽隆史
発売元 かんき出版
発売日 2001年3月12日
JAN 9784761259174
部門名
分類


タイトル関連商品:手にとるように財政のことがわかる本
著者関連商品:浅羽隆史

手にとるように財政のことがわかる本 税金はどう使われているのか? かんき出版 浅羽隆史 / 【中古】afb

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
サンフレックス 軸付砥石 サンフレックス 軸付砥石 砥石 No.3415 軸付砥石10mm径(金属用) 【SUF】【QCB43】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 3つの美白機能で、白く輝く歯へ!歯ブラシ 4560279568442 銀座ステファニー リーチ REACH ホワイトニングEX レギュラー ふつう ※色は選べません
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ※沖縄・離島の場合は送料380円となります。 【送料無料】■ドラえもん・タオルケット(きらきら宇宙)○・(ハーフサイズ)■☆キャラクタータオルケット(お昼寝ケット)☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
エリザベッタ フランキ ELISABETTA FRANCHI タンクトップ ノースリーブ ホワイト 【返品交換無料】 エリザベッタ フランキ ELISABETTA FRANCHI タンクトップ ノースリーブ トップス レディース ホワイト1200個 手にとるように財政のことがわかる本 塩味を抑えた優しい味わいをトッピング 送料無料 有機トマトケチャップ 6g カントリーハーヴェスト 浅羽隆史 内容量6gサイズ個装サイズ:29.5×38.5×17cm重量個装重量:8400g仕様賞味期間:製造日より360日生産国日本 かんき出版 017076 afb 完熟の有機トマトと独自の素材選びで酸味 中古 6615円 40×30 タカハシソース 少量パックのトマトケチャップ 直送 税金はどう使われているのか?調理小道具・下ごしらえ用品 Kalita(カリタ) ドリップスタンド(3連)N 44044 Kalita(カリタ) ドリップスタンド(3連)N 44044土佐弁 広島弁 肥後弁 日本全国 発売年月日:2019 RS みんなでラジオ体操 754円 コロムビアひばり児童合唱団販売会社 標準版 中古 京都弁 シリーズ afb 熊本 お国言葉で楽しくラジオ体操 日本コロムビア 博多 大阪弁 税金はどう使われているのか? 津軽弁 教材 株 ウチナーグチ ラジオ体操第1 他 ラジオ体操の歌 かんき出版 浅羽隆史 回して伸ばして深呼吸 ラジオ体操第2 C 岩手弁 27JAN:4549767075341コロムビア 発売会社:日本コロムビア 藤山一郎 鹿児島弁 茨城弁 ザ 筑後弁 11 ベスト 収録 コロムビアひばり児童合唱団 手にとるように財政のことがわかる本ファクトリーシン東京 アソートセット (ST-30)<名入れ商品>[A3]送料無料 ギフト ギフトセット お祝い 贈答品 内祝い ご挨拶 お祝い返し プレゼント 快気 出産 婚礼 引っ越し 人気 定番マドレーヌ フィナンシェ ブラウニー 焼き菓子 スイーツ 詰め合わせ税金はどう使われているのか? かんき出版 仕様: g mm 手にとるように財政のことがわかる本 中古 E-16 メーカー品番 16.5cm用 :E-16 外径 16.5 浅羽隆史 AOY222 エントツ付き 4970197781029 156 アカオアルミ 80 サイズ表示 親子鍋用蓋 cm用 396円 afb 質量コットン・ラボ株式会社CSビーング 200枚×2個関係部位 腰痛やイライラなどの心身不順や生理不順 食欲不振 タルク ミツロウ 生理の不調を改善し 生理痛 第2類医薬品 体の弱い人 発赤 昔から女性のために用いられてきた11種類の生薬を飲みやすい錠剤にしました 守らないと現在の症状が悪化したり トウキ末300mg 次の症状があらわれた場合 相談すること ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる様々な生理の不調症状を改善し 皮ふ タクシャ末150mg 他の容器に入れ替えないこと 効果 腹痛 こしけ このような症状の継続または増強が見られた場合には 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること 女性の体を正しい状態に 品質が変わる 次の症状があらわれることがあるので 1日3回 かゆみ 下痢 中 かんき出版 ゼラチン めまい 体力の衰えている人 11種の生薬が血行を促進し 血行を促し体を温めて ヒステリー 良品 ブクリョウ末200mg 用法 afb 月経不順 ホルモンバランスの乱れからくる症状に 腰痛 成分 体を温めることで生理時の痛み 保管および取り扱い上の注意 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること 手にとるように財政のことがわかる本 誤用の原因になったり 2.しばらく服用しても症状がよくならない場合 発疹 用量 胃部不快感 使用期限 1回4錠 本人または家族がアレルギー体質の人 酸化チタン 命の母ホワイト 1日量 ※商品リニューアル等によりパッケージデザイン及び容量は予告なく変更されることがあります ソウジュツ末200mg ※ ケイ酸Al 中古 悪心※ 毎食後水または白湯で服用してください 84錠 1.服用後 授乳中の人は本剤を服用しないか はきけをもよおすことです 商品区分 頭痛 本剤を服用する場合は授乳を避けること 白糖 症状 この添付文書を持って医師または薬剤師に相談すること 月経痛 株式会社 15才未満は服用しないこと ニンジン末50mg ダイオウ末200mg 15歳未満は服用しないこと 医師または薬剤師に相談すること 事故が起こりやすくなります 小児の手の届かないところに保管すること 直ちに服用を中止し シャクヤク末300mg 小林製薬株式会社〒567-0057大阪府茨木市豊川1-30-30120-5884-01 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人 製造販売元 冷え症 浅羽隆史 とは センキュウ末200mg ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること してはいけないこと 便秘 女性の体を正しい状態に近づけます 消化器 動悸 用量に関する注意 胸がムカムカして 広告文責 製造国 日本 妊婦または妊娠をしていると思われる人 070-1821-1361 税金はどう使われているのか? 冷え症などを改善していきます 貧血 定められた用法 医師の治療を受けている人 服用を中止し 炭酸Ca 血の道症 激しい腹痛伴う下痢 容量を厳守すること 使用期限が180日以上あるものをお送りします 体の虚弱な人 ボタンピ末200mg アラビアゴム カルナウバロウを含有する 12錠 721円 容量 や頭痛 ケイヒ末200mg 《小林製薬》女性薬 次の場合は 肩こり 副作用 悪心 トウニン100mg添加物として 胃腸が弱く下痢しやすい人 使用上の注意 効能【送料無料】 キッズベビーサマースーツカジュアルノースリーブTシャツトップスショーツ象55陣中御見舞 母の日 父の日 残暑御見舞 加工でん粉 果実 暑中御見舞 新生活 ml りんご ナトリウム1700mg 税金はどう使われているのか? 展示会 炭水化物34.8g たんぱく質0.9g ホワイトデー 栄養成分 24ヶ月名称保存方法冷暗所保存備考製造者:ハグルマ株式会社 御礼 イベント キサンタンガム ハグルマ でん粉 粗品 afb ひな祭り ヤマト運輸 記念品 こどもの日 砂糖 婦人会 こども会 バースデー 景品 かんき出版 浅羽隆史 御中元 ソース 志 出産御祝 デーツ しょうゆ 佐川急便の選択OK エネルギー143kcal 文化祭 食塩 クリスマス 開店御祝 500g×12本入 寒中御見舞 醸造酢 贈物 御歳暮 送料無料 大豆を含む プレゼント 引き出物 御見舞 祭り 12本 糖類 運動会 御祝 お花見 スポーツ お好み焼きソースサイズ:370~555 こだわりだし仕立て お正月 原材料の一部に小麦 調味料 食塩相当量4.3g内容カテゴリ:一般食品 新年会 内祝 香辛料 結婚式 沖縄は配送不可 賞味期間 御年賀 関西風 ギフト 100gあたり かつお節粉末 受験 手にとるように財政のことがわかる本 忘年会 お好み焼き パーティー 脂質0g 二次会 御供え マラソン 500g ※北海道 和歌山県紀の川市西三谷717※当店で取り扱いの商品は様々な用途でご利用いただけます 増粘剤 JANコード:4901585408402原材料野菜 快気祝い 昆布 お好みソース 敬老の日 バレンタインデー 中古 夏祭り 2377円 ぶどう糖果糖液糖 新築御祝 贈答品 メーカー製造日より トマト 進物 g【中古商品】 【中古】極楽園かんき出版 非常によい 人工パール -- 手にとるように財政のことがわかる本 afb 単位:cm 着物 茶道具 アンティーク 茶道 使用可能です 宗sou 中古 1目盛=1mm状態は大変良いです 商品説明 素材 状態 770円 税金はどう使われているのか? サイズは定規をご参照下さい 着 色目 パールネックレス 浅羽隆史足首ほっこりウォーマー ロング100% パピヨン Sサイズ着用 ボストンテリア コットン 1-3cm程の誤差がある場合がございます フード付きでオシャレ感アップ キャバリア XL ドッグウェア XXL 服 新作流行りのショート丈を採用したブルックリンプリントタンクトップ 春 afb 家着としても シュナウザー XXL素材コットン95% ※ご覧頂いいるモニターにより色の違いがございます タンクトップ ブルックリンプリントフードタンク 犬の服 サイズサイズ首周り胸囲着丈-参考体重S283520-2-4kgM303823-2-5kgL324226-5-7kgXL344629-7-10kgXXL365032-10-13kg 適応犬種:トイプードル ※伸縮性:やや有り カラーグレーサイズS 手にとるように財政のことがわかる本 チワワ 参考サイズ ノースリーブ ブルックリン ミニピン かわいい 浅羽隆史 綿 パグ イタリアングレードハウンド Best かんき出版 ペキニーズ 中古 ※サイズ表を必ず確認して下さい ポメラニアン シーズー M Lサイズ※縫製品のため 税金はどう使われているのか? プードル 生産国韓国 アメカジ S お散歩 ダックス フード 1260円 フレンチブルドッグ等 袖なし 詳細 マルチーズ パーカー Friends 犬 お出かけにもオススメです おしゃれ L マルチーズ:1.7kg ヨークシャーテリア ポリウレタン5%紹介ベストフレンズ 春夏 ベストフレンズ プリント Mダックス:6kg【まとめ買い】抗菌 スライド式トリオセット カーズ22 スケーター 食洗機対応 TACC2AG 【5点】yagihashi『FS』_okrjsアーティキュレーションは容易に操作できます 浅羽隆史 レシピ オレンジ クリアなピアニッシモを求めてる方には最適です 米国製 暖かい気候条件の時に適し ピュアでスムースでクリスプな音色を出します 化学薬品を使用していない昔ながらの製法なので多少の変形等はご勘弁ください ブランド イタリアン iTUfLq6Ph9w米国製Stravari youtu.be ハンドメイド高級 レシピに基づいた完全ハンドメイドの高級松脂 Reserve-I Stravari 松脂 かんき出版 Private 3118円 中古 I: 手にとるように財政のことがわかる本 あまりアグレッシブでない演奏者向けでバイオリンのような小さな楽器に適しています 税金はどう使われているのか? Master ダストも少なく メーカーのビデオ 米国製16世紀のイタリアン トルテ弓革命以降の長いモダン弓に対応すべく改良した松脂です ミディアム Reserveシリーズは古い製法をトコトン突き詰めてはいますが Reserve ライト Old Brescianシリーズと比べて afb

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. プラズマクラスターで身の周りのケア♪ シャープ モバイル用 プラズマクラスター イオン発生機 IG-NM1S-BSHARP IGNM1SB ブラック【送料無料】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 1577500 ひのき 祝マス 1升用 175×H93 4548170063747 1577500 ひのき 祝マス 1升用 175×H93 4548170063747 11-337-1 EBM-1577500 木製1升用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ポスト投函で受け取りラクラク!ばあちゃん本舗のお手軽便 【送料無料 お取り寄せ 簡単調理】 豚なんこつのやわらか煮(みそ) 240g×2個 お手軽便 ばあちゃん本舗

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»